2012年12月24日月曜日

Watch Z1 カスタマイズ - 峠最強伝説

すみません。ノリだけでタイトルつけました。
早い話、カリカリチューンしますよと。かなりピーキーなチューニングだけど、ガンガン攻めていきましょ。
まずはコレ!


カスタマイズの為の神アプリと言ってもいい。有料版をオヌヌメします。
どこがエライかというと、、

  1. アプリをデータと共にバックアップ。ゲームのスコアやRSSの未読も含めてバックアップできる
  2. 通常アンインストールできないシステムアプリを跡形もなく削除できる。バックアップしていれば復元も可
  3. システムアプリに対する更新をROMにまとめられる
  4. 任意のユーザアプリをシステムアプリに変換できる(逆も可)
  5. PlayストアからインストールしていないアプリでもPlayストアからの更新を受けられる(Playストアドクター機能)
システムアプリが使えるメモリが256MByteしかないWatch Z1には2~4の機能は重要だね。
YouTubeやメール、マップ等プリインストールされたアプリに更新が入ると、実際はROMの旧バージョンは削除されずに、フラッシュROM(ユーザアプリが格納される所)に最新バージョンがインストールされ、新旧2本分のメモリが消費されちゃうんだよね。
メモリが少ないWatch Z1ではイタすぎるわけ。

GalaxyNexus上でのTitaniumBackupの画面
Watch Z1上でのTitaniumBackupの画面
GalaxyNexus・アプリ上長押しでのメニュー
Watch Z1・アプリ上長押しでのメニュー。ダイアログ表示内のボタンはスワイプすればスクロールできる 
GalaxyNexus・アプリちょん押しでのバックアップ/リストア指定
Watch Z1・アプリちょん押しでのバックアップ/リストア指定
アプリ実行ボタンの縦位置あたりをスワイプアップすれば・・・
・・・なんとかスクロールできる。。。
メニューボタンからバッチ処理を選ぶと・・・
バックアップ・リストアをまとめて出来る。
アプリを選んで長押し。ROM内のプリインストールアプリをユーザアプリに変換できる。もちろん逆も可
プリインストールされたアプリに更新があると、こんな表示。
プリインストールへの更新をROMに移動できる。

TitaniumBackupを使って

  1. イラネアプリをがっさり削除
  2. 常用アプリをシステムアプリ化
  3. ROMの更新でメモリを確保
カリカリチューンの道は続く……