2012年10月22日月曜日

電波なお話(2)

2013/10/5補足
 や、以下、普通の人を装って教育用に書いたネタだ。

スマヌ。尻の穴から火が出そうな恥ずかしい文体だが、、、読み飛ばしてくれ。

------------------------------------------------------

自宅PCが飛んじゃいました。もちろん空をじゃないですけど。
GoogleAccountも不慮の事故で潰れてしまい、ブログも心機一転です。
さて、前回の続きを。。。

3.SIMロック
電波の形式や周波数が使用可能でもSIMロックがかかっていると他のキャリアでは使えません。
電話機メーカーが提供先のキャリアのSIMだけを使えるように設定して、キャリアに出荷するもので、同じ電話機がグローバルモデル(SIMロック無し)で並列に売られることもあります。
例えば、iPhone5はキャリアと契約して購入すると、殆ど無料で入手できますが、グローバルモデルのiPhone5を平行輸入品として入手すると12万円ほどかかります。
キャリアと契約した携帯電話に再設定(SIMロック解除)を行い、他キャリアのSIMを使用可能にすることもできますが、機種ごとに方法が違います。
大抵の場合、「SIMロック解除屋さん」をインターネットで探し、入金し、解除コードを手に入れる…という方法で解除することになるでしょう。(2,3千円程度かかります)
Docomoであれば店頭に持ち込み、2,3千円で解除できますが…

4.アクセスポイントロック
ここまでの難関を乗り越えたとしても最後に最大の難関があります。
キャリアの携帯電話は初期設定としてアクセスポイントが設定されていますが、他キャリアの携帯電話を使うときには、アクセスポイントを手動で設定しなくてはいけません。
このアクセスポイント情報は非公開の場合が殆どです。
運良く、インターネット上の情報等でアクセスポイントが判明する場合もあります。
アクセスポイントは契約プランを密接な繋がりがあり、設定を間違えるとパケ死もありえます。
APN Manager なるアプリを使えば現在接続しているアクセスポイントを調べることもできます。。。
、、、が、SoftBankはえぐいです。端末機種識別番号なるものを使い、自キャリアの商品として販売された携帯電話以外からの接続をブロックしています。
つまり、Docomoの窓口でSIMロック解除して、SoftBankの正規SIMを入れても接続できない…という事です。少なくとも3Gはダメ。
もう,何かね…

※総務省がDocomo,AU,SoftBank,EMobileの4社に LTE 用の周波数を割り当てる為、混信しやすくなるにも関わらず、周波数の間隔を狭くして4社に割り当てました。…てな、無理をさせといて、Softbankは数ヵ月後にEMobileを買収…LTE用の電波は他社の2倍になりましたとさ。
さすが禿電波。。総務省を舐めてます。

今日の一言:CoreDuo(intel)を乗せた中古PCが8千円って安くね?