2015年5月4日月曜日

zenfone2がやってきた(6) ASUS謹製アプリ-3

続きを書こうとしたんだが、ココできっちりレビューしとるやん。
アプリレビューに関してはそっちを見てくれ。

レビューで若干薄めにしか触れていない機能にクローズアップだ。

片手モード
(代用機能)
LMTランチャー PIE pointer
★★★★★

6インチのディスプレイで持ち直しせず、片手で操作するのは無理。
画面を任意位置に縮小表示することで、楽に操作できる、、これが片手モードだ。
通知バーの左上、時計表示部をタップし、トグルパネルを表示させれば片手モードを選択できる・・・が、もっと簡単に片手モードにする方法がある。
[設定]-[ASUSカスタマイズ設定]クイックトリガーをONにすればホームキーのダブルタップで片手モードに移行できる。勿論、片手モードからの復帰も同様の操作だ。


スクリーンショット
(代用機能)
 PC Link スクリーンショット

上の画面で気づいた人もいると思うが、前回レビューしたPC Linkの機能を使わなくてもスクリーンショットが簡単に撮れる。
単体でスクリーンショットを撮影するためのトリガーは3種類用意されている。
1.トグルパネルにスクリーンショットのトリガを追加する。
2.[設定]-[ASUSカスタマイズ設定]-タッチキー-最近のアプリキー(長押し)にスクリーンショットを割り当てる
3.ZenMotion(以降で記載)-シェイクシェイクをONにする。

しかし、Recentキーの長押しにはMenu-キーを割り当てたいし、シェイクシェイクは動作しなかった。トグルパネルからスクリーンショットを撮影する場合、トグルパネルが閉じられた後に撮影される。

クイック設定オプション
(代用機能)
なし

★☆
正直すまんかった。上で書いたとおりスクリーンショットをトグルパネル(クイック設定)に追加できる。トグルパネルを表示しているときに、右上に表示される編集ボタンをタップすれば、クイック設定オプション画面が表示される。一般アプリが登録できればいいんだがな。


ロックスクリーン・インスタントカメラ
(代用機能)
なし
 ロックスクリーン表示時のカメラ起動の設定と思いきや、、、スリープ状態からも「音量ハードボタン2度押し」でカメラが起動される。最短動作で撮影できる。

 ZenMotion
(代用機能)
なし
スリープ状態からジェスチャーで任意アプリが起動できる。プリセットされてるアプリは変更可能だ。
どこぞやのカスタムロムよりカスタム度合いが高いぞ。


総括すると、オリジナリティが高いカスタム機能を実装しつつ、ASUSブラウザ、メーラー、ToDomeメモ、カレンダーなるオリジナリティのかけらもないアプリがバンドルされている。ASUSクラウドを使う機能などAndroidにとっては機能の分断にしかならない。
絶対に勝ちが見えないソリューションでの展開などキッパリあきらめて、隙間機能に集中して欲しい所だ。

Zenfone2の小ネタはこちらに→Zefone2不具合・アプリ動作不可・TIPS報告