2013年6月1日土曜日

JellyBean 全画面計画 壱号通達

Androidってオサレじゃないじゃん。
ステータスバーとか、デザイン一貫性がないアイコンが並んでて、そして、ナビバー。
ただボタンを押すためだけのエリア。
ただでさえ狭いスマートフォンの液晶をたかがボタンごときに割くって、頭、湧いてるんじぇねーの?

で、俺はイウ。あえてイウ。全画面だ。フルスクリーンだ。フルスクラッチだ。。。
あ、イヤ、、フルスクラッチは無理だから。フルマッシュアップだ。

ま、四の五の言ってもうざゐだけだろうから、まずは動画を見ておくれ。
未完成だけどね。


…とこんな感じ。

ターゲットはGNex JB4.2.2 CustomROMs (root)
全画面化するにあたって、問題はチロチロあるんだけどね。

・ディスプレイ拡張モードでのナビゲーションバーの扱い
・ディスプレイ拡張モードでのステータスバーの扱い
・ステータスバーと通知パネルの関係
・ステータスバーとクイックリストの関係
・タスクバーとクイックリングの関係
・ナビゲーションバー代替手段
・通知ポップアップの追加
・アクティブドロワーの実装

で、GalaxyNexus固有の問題かもしれんが、
JB4..2.2系カスタムロムのDeepSleepが本当にディープすぎる問題。

まずは、どのカスタムロムを採用するか対決だ。

GalaxyNexus Custom Roms 機能比較表
(おおぃ、GoogleDriveのスプレッドシートってAndroidで見るとズタボロじゃん。対策するまで、PCで見ててくれ)

…おいちゃん、疲れちゃったよ。この表作るのにROM焼き&セットアップ、バックアップ10回ぐらいやってるし。
Nightlyバージョンで評価するんじゃねーよ、、て言われそうだが、やっぱ最新が使いたいじゃん。
どうしても気に食わないってヤシにゃ遺憾のイを表明してやるぞ。イカン砲発射だ!!

表には間違いがあるかも。

次回以降、チロチロの問題点を解説してみるかと。
どーせ、書いてる間にROMのバージョンが上がって、陳腐化するんだろね。