2014年6月1日日曜日

SmartQ ZWatch 3.7DJAndroqazZ + Titanium Backup

以前も書いたが、DjDroidのroot化は、アレだ。
ほとんどのアプリでは問題ないが、Titanium backup ではrootとして認識しない。
で、root化部分を変更したヤシがSmartQZWatchV3.7DJxAndoroqazZLTD.update.zip。
Titanium backup の無料版もパッケージしてある。
いつもの通り、ココだ。

Titanium backup がどんだけのモノかってーと、
『「ユーザアプリ+ユーザデータ+ユーザ外部データ+システムデータ」でバックアップしておけば、リストアツール使用後やファクトリーリセット後にリストアしても、ほぼ完璧に復元できる』って事だ。










Android1.5の時代に購入したが、現在は当時の半額だ。買って損は無いぞ。

無料版でバッチリストアすると、1アプリ毎に通常のインストール画面が出てくる。
ファクトリーリセット⇒WiFi設定⇒Googleアカウント設定⇒Titanium ProoKeyダウンロード(PLAY)
⇒バックアップフォルダをネットワークからコピー⇒Titaniumでバッチリストアで完了
1日かかっても終わらなかった初期化後の復旧作業が30分で済むぞ。

ちな、ZWatchでの注意点だ。
・画面サイズの問題で、アプリ単独のリストアボタンが押せない。
 単独のリストアがしたいのなら、フィルタや検索機能で絞り込んだ後にバッチリストアしろし。
・起動時にSUに関する警告が出るが、気にするな。
・バックアップ前に[メニュー]-[環境設定]で外部データを無条件にバックアップする設定にしろし。
 SDが無いから関係ないかもしれんが。
・当然、ファクトリーリセットはTitaniumのバックアップフォルダーも削除する。
 事前にネットワークかUSB経由で退避しろし。