2015年9月2日水曜日

zgpax s8 32G(番外編)

朗報だ。
s8 の内臓SDは、本当に8GByteのMicroSDを内蔵しているだけだった。差し替え可能。
裏ぶたを開けると3本のフレキシケーブルがある。usbジャックのケーブル、液晶から伸びているケーブル。小さなICが乗った小さな基盤付きケーブル。
それぞれ、はめ込み式コネクタがついているので上方向に持ち上げれば外れる。基盤付きのヤシは基盤の裏がコネクタだ。
USBのフレキシはジャック部がねじ止めされているので、このねじも外せし。

これで、やっとSDスロットにアクセスできる。
スロットからSDを抜くときは、スロットの金属カバーを奥にスライドさせりゃスロットがパカッと開く。

内臓SDの中身をPCで新しいSDに移し替えてから入れ替えだ。

ごめんな。分解写真は撮ってない。取敢えず32Gは認識できたぞ。